image7LISE CHARMEL

リズシャルメル社は1950年代にフランス第三の都市リヨンに創業しました。商標であるLISE CHARMEL(リズ シャルメル)のCHARMELはフランス語のCHARME(シャルム:魅力、英語のチャーム)から生まれた造語。LISEは創業者の愛する女性の名前でした。(彼女は創業者の夫人となりました)

1975年に現在の社長であるJacques DAUMALが経営者となりました。以来現在に至るまでクリエイティブで着け心地がよく、洗練されてエレガントでありながら手の届く範囲の価格帯の商品を提供すべく、努力を重ねてきました。

フランスのオートクチュールの伝統に裏打ちされた高度な縫製テクニックに加えて、常にモードの流れを意識し、アウターの流行に連動したカラー、ショーツのカット、デザインを取り入れています。

パリのギャラリーラファイエット、プランタンデパートでは、常に売上の1、2位を占めるフランスを代表するブランドです。フランス国内での売上の30%以上は男性によるものです。バレンタインやクリスマスシーズンには多くの男性がパートナーの女性にリズシャルメルを贈っています。

プロフェッショナルの間でシャルメルが評価されているのは、レースの開発力と細かいディテールに及ぶデザイン力です。豪華なギピュールストレッチレース、モチーフの大きな多色使いのブロードレース、プリントのマイクロチュールの上に刺繍したものなど、常に新しい表現を目指しています。ショーツやストリングスのバック部分に至るまでデザイナーの細心の注意が払われています。ヨーロッパの女性向けの下着メーカーとしては最大数のデザイナーを抱えています。

ブラジャー、ショーツ類とお揃いのスリップ、キャミソールなどのランジェリー、部屋着、ニット類など幅広い商品を提案しています。ストッキング、スカーフ、総レースのピアス、ネックレス、アイマスクまで揃うシリーズもあります。